債務整理で借金解決

債務整理とは

債務整理を行えば、あなたの借金が減額される、もしくは返済不要になるかもしれません。あなたに合った債務整理方法を選択して借金の悩みを取り除きましょう!


債務整理には、任意整理自己破産個人再生特定調停などの手続きがあります。

ご自身の債務状況や収入面、返済スケジュールなどから、最適な方法を探すことになります。


『債務整理で借金解決』では、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生、特定調停)の仕方やメリット・デメリットや、弁護士、司法書士の評判や費用などをご紹介しています。


債務整理手続きの比較

4つの債務整理手続き(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)の借金の減額度合いや、手続きにかかる期間、周囲に知られるリスクなどの皆さんが知りたい情報を簡易的に比較紹介しています。

各債務整理手続きの概略を知ることで、ご自分に合った方法を選びましょう。


任意整理特定調停個人再生自己破産
借金の減額度△~○
将来利息がカットされることで、月々の返済額が減額される。
×~○
将来利息がカットされることで、月々の返済額が減額される。交渉に失敗する場合もある。

借金額を大幅に圧縮できる。

借金がゼロになる。
手続き期間の短さ◎~△
1~6ヶ月

3~4ヶ月

3~6ヶ月
×
6ヶ月~1年以上
必要書類の量
身分証明書や取引明細、住民票など。書類は最小限で大丈夫。
×
全て自分で用意する必要がある。

多少の書類を用意する必要がある。

多少の書類を用意する必要がある。
家を手放す必要
不要

不要

住宅ローン特則を使えば手放さずに済む。
×
手放す必要がある。
財産を手放す必要
不要

不要

ローン支払い中の財産は手放す必要がある。
×
一定の財産を手放す必要あり。現金99万円以下、預貯金20万円まで所持が認められる。
保証人への影響度×~◎
保証人のついていない借金のみを選択して、整理することが出来る。
×~◎
保証人のついていない借金のみを選択して、整理することが出来る。
×
保証人が払う必要がある。
×
保証人が払う必要がある。
勤務先に知られる可能性
知られることはない。

基本的に知られることはない。ただし、平日に裁判所に行句必要があるため、怪しまれる可能性がある。

基本的に知られることはない。ただし、必要書類の入手の際に怪しまれる可能性がある。

基本的にバレることはない。ただし、必要書類の入手の際に怪しまれる可能性がある。
家族に知られる可能性
可能。ほとんどの事務所が書類送付など内密に対応してくれる。
×
平日に裁判所に行く必要があり、裁判所から書類が自宅に届くので高い確率で怪しまれる。
×~△
基本的には難しい。財産の処分など家族の協力が必要なため。
×
家や自動車、その他の財産を処分しなければいけないため、知られずに行うことは不可能。
詳細任意整理
詳細を見る
特定調停
詳細を見る
個人再生
詳細を見る
自己破産
詳細を見る

多重債務問題

多重債務とは、複数の消費者金融や信販会社などから借り入れを行うことを言います。

既に抱えている借金返済のために別の業者からさらに借り入れ、借金が雪だるま式に増え続ける状態は多重債務に陥っている状態であると言えます。


多重債務者とは、消費者金融5社以上の利用者のことを指します。

(株)日本信用情報機構のデータによれば、2013年の多重債務者の数は約27万人だったと言われています。

また、その年の消費者金融利用者数は約1,279万人であったため、消費者金融利用者全体で多重債務者の割合は約0.02%でした。


消費者金融などから借りては返すという生活を続けることは、多大な金利を支払い続けることを意味します。

このような状況から抜け出すためにも、法的手段である債務整理を行うことをおすすめします。

多重債務を解決するためにも、債務整理の方法を正しく理解して、一日も早く生活再建を目指しましょう!


ただし、ご自分の力だけでは難しい場合があるため、司法書士や弁護士といった専門家に相談することが最善の解決方法であると言えます。

ほとんどの弁護士・司法書士事務所は相談無料なので、安心して相談することが出来ます。


借金問題は長くこじらせる前に早めに手を打つことが大切です。迅速に行動することで返済金額も少なくなり、解決も容易になります。


過払い請求・債務整理なら
アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

【過払い請求には時効があります!】
完済後の過払いについても無料で調べてくれます。
全国対応、無料相談24時間受付中!
お気軽にご相談ください。
取立てがストップ
「貸金業法」という法律に基づき、受任後は金融業者からの取り立てがストップします。取り立てにお困りの方もご安心ください。

初期費用無し、減額報酬なし
初期費用や減額報酬などの費用が別途かかる事務所もありますが、アヴァンスなら必要ありません。明確な料金設定なので安心してご依頼いただけます。
※依頼内容により初期費用がかかる場合あり

お得な費用設定
取引件数が多い方・少ない方双方に対応したお得な費用を設定しています。
過払い金報酬も一般的な事務所より安い料金設定が魅力です。

全国対応・無料相談
借金に関するご相談は何度でも無料です。アヴァンスはお客様の将来のプランをお伺いし、最善で安心な解決方法を提案してくれます。

督促状と催告書の違い

2017年5月15日 / 未分類

督促状と催告書の違い

督促状催告書はどちらも借金の返済を滞納していると届くことがある書類です。

基本的には、どちらも同じ意味合いを持つものですが、両者には決定的な違いがあります。

では、その違いとはどういったものなのでしょうか?

このページでは、督促状と催告書の違いについて説明していきます。


続きを読む»

債務整理費用の分割払い・後払いについて

2017年4月4日 / 債務整理費用

債務整理費用の分割払い・後払いについて


債務整理を考えている人にとっては、弁護士・司法書士費用を一括で支払うということは非常に経済的な負担になることが予想されます。

金銭的に余裕がないという方の多くが、出来ることなら債務整理の費用を抑えたいと考えているのではないでしょうか?

任意整理や過払い金請求などの手続きには、専門的な知識と時間、さらに多大な労力を要します。


そのため、債務整理を行う場合は、法律の専門家である弁護士や司法書士(認定司法書士)に相談・依頼するのが一般的です。

当然、任意整理や自己破産などの手続きを弁護士・司法書士に依頼すると手続き費用(着手金)が発生します。


続きを読む»

タグ:

借金の一本化 おまとめローンとは

2017年1月6日 / 多重債務

借金の一本化 おまとめローンとは


借金の一本化(おまとめローン)とは、複数の貸金業者・金融機関から借金がある場合に、別の貸金業者・金融機関で借り換えることで、借入先を1つにまとめることを言います。


複数の業者から借り入れをした事で、どこにいくら返済したのか分からなくなってしまい、返済計画が破綻してしまう恐れがあります。

このような状況に陥ると、利息だけが膨らみ、次第に借金の総額が膨らんでいくことになります。

しかし、おまとめローンへの借り換えをすることにより、返済を一本化することで、それ以降の返済がしやすくなる場合があります。


おまとめローンは、複数の貸金業者から個人向けフリーローンを利用している人を対象にした商品です。

銀行や銀行系消費者金融には、おまとめローンと呼ばれる商品を用意しています。

複数の借金を抱えて返済に困っている多重債務の方にとっては、非常に魅力的な商品に映るかもしれません。


では、具体的におまとめローンとは、どういったものなのでしょうか?

債務整理と比べて借金から開放される度合いがどう違うのかなど、このページでは解説していきます。


続きを読む»

タグ: ,

はたの法務事務所

2016年12月22日 / 司法書士事務所

はたの法務事務所 債務整理

はたの法務事務所の特徴

司法書士歴35年!

相談件数100,000件以上の信頼と実績!

債務整理のことなら、はたの法務事務所へお気軽にご相談下さい!


相談料金・出張費用・着手金・初期費用・土日対応 0円

過払い取戻報酬 業界最安値級 12.8%~


こんなお悩み、ありませんか?

利息ばかり払っていて借金が減らない。

取引年月の長い借金がある/過去あった。

一刻も早く督促を止めたい。

自宅や車を手放さず、借金を清算したい。

続きを読む»

タグ:

消滅時効の援用とは

2016年12月5日 / 消滅時効援用

消滅時効の援用とは


最後に借金を返済してから、5年以上が経過している場合は、消滅時効によって返済義務がなくなる場合があります。

消滅時効とは、法律で定められた一定期間に、債権者が債務者に対して請求などを行わなわなかった場合、債権者の権利を消滅させる制度のことを言います。


時効の援用について


民法第145条(時効援用)

時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判することが出来ない。


時効の援用とは、時効の権利を受ける者が、消滅時効制度を利用して、債権者に対して時効の利益を受けることを伝える行為を言います。

つまり、消滅時効の援用をして事項が成立すると、借金の返済を免れることが出来るのです。


続きを読む»

タグ:

任意整理の必要書類

2016年11月15日 / 任意整理, 債務整理

任意整理の必要書類


任意整理手続きは、個人再生や自己破産などといった他の債務整理手続きに比べて、複数の必要書類を作成したり、資料を用意したりする手間は大幅に少なくなります。

このページでは、弁護士や司法書士に任意整理を相談する際、また、手続きをする際に必要な書類や資料についてまとめています。


続きを読む»

タグ: ,

多重債務に陥る理由と原因

2016年10月19日 / 多重債務

多重債務に陥る理由と原因


複数の消費者金融やカード会社からお金を借りて返済が困難な状態に陥っているケースを多重債務と呼びます。

では、どのような原因や理由で多重債務に陥ることになるのでしょうか?


ここでは、借金を重ねて多重債務になる原因や理由について少し掘り下げていこうと思います。


多重債務とは

多重債務とは、すでにある借金を返済するために、他の貸金業者から新たな借入れを繰り返す状態のことを言います。

多重債務になると、利息がかさんで借金が雪だるま式に増えていき、支払いが困難になります。

もちろん、借入れをしている全ての貸金業者に利息を払っていく事になるため、返済はかなり厳しい状態となります。


このような状態になった人のことを、一般的に多重債務者と呼びます。

多重債務者の多くは、借金を返済している感覚はあるものの、自分では借金が増えていっている事に気づいていないケースが多いと言われています。

そして、気づいた頃には、新たな借入れが困難になり、返済が出来ずに首が回らなくなってしまうのです。

続きを読む»

タグ:

自己破産後の資格制限・職業規制一覧

2016年10月9日 / 債務整理, 自己破産

自己破産後の資格制限・職業規制一覧

自己破産手続きを開始した申立人には、公法上と民法上の資格制限があります。

つまり、一定の職業に就くことが出来なくなるのです。

また、ある一定の資格を得ることも出来なくなってしまいます。一定の資格とは、取締役後見人のことを指します。

ただし、資格制限・職業規制は、あくまでも一時的なものです。制限が解除された後は、再び職業に就くこともできます。

具体的には、破産手続開始決定から免責事由の決定を得るまでの間の資格制限です。

そのため、自己破産手続きが終われば就業規制・資格制限は無くなります。


もし、あなたが自己破産を検討している場合は、現在の仕事が資格制限・商業規制に該当するかどうか確認しておくようにしましょう。

続きを読む»

タグ:

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て無料相談所

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る