債務整理で借金解決

債務整理とは

債務整理を行えば、あなたの借金が減額される、もしくは返済不要になるかもしれません。あなたに合った債務整理方法を選択して借金の悩みを取り除きましょう!


債務整理には、任意整理自己破産個人再生特定調停などの手続きがあります。

現在の借金の負担から解放されるためには、ご自身の債務状況や収入面、返済スケジュールなどから、最適な債務整理方法を探すことが必要になります。


『債務整理で借金解決』では、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生、特定調停)の仕方やメリット・デメリット、弁護士、司法書士の評判・費用などについて紹介しています。


債務整理手続きの比較

4つの債務整理手続き(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)の借金の減額度合いや、手続きにかかる期間、周囲に知られるリスクなどの多くの方が知りたいであろう情報を簡易的に比較紹介しています。

各債務整理手続きの概略を知ることで、ご自分に合った方法を選びましょう。


任意整理特定調停個人再生自己破産
借金の減額度△~○
将来利息がカットされることで、月々の返済額が減額される。
×~○
将来利息がカットされることで、月々の返済額が減額される。交渉に失敗する場合もある。

借金額を大幅に圧縮できる。

借金がゼロになる。
手続き期間の短さ◎~△
1~6ヶ月

3~4ヶ月

3~6ヶ月
×
6ヶ月~1年以上
必要書類の量
身分証明書や取引明細、住民票など。書類は最小限で大丈夫。
×
全て自分で用意する必要がある。

多少の書類を用意する必要がある。

多少の書類を用意する必要がある。
家を手放す必要
不要

不要

住宅ローン特則を使えば手放さずに済む。
×
手放す必要がある。
財産を手放す必要
不要

不要

ローン支払い中の財産は手放す必要がある。
×
一定の財産を手放す必要あり。現金99万円以下、預貯金20万円まで所持が認められる。
保証人への影響度×~◎
保証人のついていない借金のみを選択して、整理することが出来る。
×~◎
保証人のついていない借金のみを選択して、整理することが出来る。
×
保証人が払う必要がある。
×
保証人が払う必要がある。
勤務先に知られる可能性
知られることはない。

基本的に知られることはない。ただし、平日に裁判所に行句必要があるため、怪しまれる可能性がある。

基本的に知られることはない。ただし、必要書類の入手の際に怪しまれる可能性がある。

基本的にバレることはない。ただし、必要書類の入手の際に怪しまれる可能性がある。
家族に知られる可能性
可能。ほとんどの事務所が書類送付など内密に対応してくれる。
×
平日に裁判所に行く必要があり、裁判所から書類が自宅に届くので高い確率で怪しまれる。
×~△
基本的には難しい。財産の処分など家族の協力が必要なため。
×
家や自動車、その他の財産を処分しなければいけないため、知られずに行うことは不可能。
詳細任意整理
詳細を見る
特定調停
詳細を見る
個人再生
詳細を見る
自己破産
詳細を見る

多重債務問題

多重債務とは、複数の消費者金融やクレジットカード会社、金融機関などから借り入れを行うことを言います。

既に抱えている借金返済のために別の業者からさらに借り入れ、借金が雪だるま式に増え続ける状態は多重債務に陥っている状態であると言えます。


一般的に、多重債務者は、貸金業者からの借入れが5社以上の利用者のことを指します。


(株)日本信用情報機構のデータによれば、2013年の多重債務者の数は約27万人だったと言われています。

また、その年の消費者金融利用者数は約1,279万人であったため、消費者金融利用者全体で多重債務者の割合は約0.02%でした。

全体の割合で見ると、決して多くはないと思うかもしれませんが、決して見過ごすことが出来ない数字であることもまた事実です。


消費者金融などから借りては返すという生活を続けることは、高額な金利を支払い続けることを意味します。

このような状況から抜け出すためにも、法的手段である債務整理を行うことをおすすめします。

多重債務を解決するためにも、債務整理の方法を正しく理解して、一日も早く生活再建を目指しましょう!


ただし、ご自分の力だけでは難しい場合があるため、司法書士や弁護士といった専門家に相談することが最善の解決方法であると言えます。

ほとんどの弁護士・司法書士事務所は相談無料なので、安心して相談することが出来ます。


借金問題は長くこじらせる前に早めに手を打つことが大切です。迅速に行動することで返済金額も少なくなり、解決も容易になります。


過払い請求・債務整理なら
アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

【過払い請求には時効があります!】
完済後の過払いについても無料で調べてくれます。
全国対応、無料相談24時間受付中!
お気軽にご相談ください。
取立てがストップ
「貸金業法」という法律に基づき、受任後は金融業者からの取り立てがストップします。取り立てにお困りの方もご安心ください。

初期費用無し、減額報酬なし
初期費用や減額報酬などの費用が別途かかる事務所もありますが、アヴァンスなら必要ありません。明確な料金設定なので安心してご依頼いただけます。
※依頼内容により初期費用がかかる場合あり

お得な費用設定
取引件数が多い方・少ない方双方に対応したお得な費用を設定しています。
過払い金報酬も一般的な事務所より安い料金設定が魅力です。

全国対応・無料相談
借金に関するご相談は何度でも無料です。アヴァンスはお客様の将来のプランをお伺いし、最善で安心な解決方法を提案してくれます。

完済と解約の違い

2018年12月7日 / 未分類

完済と解約の違い

完済と解約の違いについて

消費者金融などからお金を借りた場合は、契約内容に基づき返済を続ける必要があります。

もちろん、借金を返し終わることは、全ての債務者にとって目指すべき目標です。


しかし、借金を完済すればそれで終わりというわけはありません。


このページでは、完済と解約の違いに焦点を当てて説明しています。


続きを読む»

代位弁済と第三者弁済の違い

2018年11月13日 / 未分類

代位弁済 と 第三者弁済の違い

代位弁済と第三者弁済

代位弁済第三者弁済 は、同じようなニュアンスを持つ言葉のため混同されやすいと言われています。

代位弁済や第三者弁済は、カードローンやキャッシングで、返済不能になった場合に行われる行為です。


お金を借りる時はきちんと返済できると思っていても、支払いをしていく過程で行き詰ってしまうことも少なくありません。

借主(債務者)本人が返済不能になった場合は、金銭貸借契約に関係ない第三者でも弁済することが認められています。


ここでは、代位弁済と第三者弁済の意味と違いについて説明をしています。


続きを読む»

借用書と金銭消費貸借契約書の違い

2018年10月6日 / 未分類

借用書と金銭消費貸借契約書の違い

借用書と金銭消費貸借契約書

お金の貸し借りをする際は、その取引の内容を証明するために書面を作成する場合が一般的です。

お金のやり取り内容を明記した書面には、借用書金銭消費貸借契約書と呼ばれる2種類の契約書があります。


これらの契約書は、消費者金融などの貸金業者や銀行などの金融機関から借入れをした場合だけでなく、個人間での貸し借りにおいても使用する場合があります。


このページでは、借用書と金銭消費貸借契約書の違いや法的拘束力の有無などについて説明をしています。


続きを読む»

リスケジュール(リスケ)と任意整理

2018年9月8日 / 任意整理, 債務整理

リスケジュール(リスケ)と任意整理

リスケ とは

最近では、主にビジネスシーンなどでリスケ という言葉を耳にする機会が増えています。


リスケという言葉は、使用する場面によっては、相手に誤解を与えることがあるため、正しい理解を身につけることをおすすめします。

このページでは、リスケジュール(リスケ)の意味に焦点を当てて解説していきます。


続きを読む»

保証人と連帯保証人の違い

2018年8月6日 / 未分類

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人

お金を借りる際は、必ず保証人・連帯保証人が必要になるわけではありません。

カードローンやクレジットカードのキャッシングは、多目的ローンのため、保証人や担保を必要としません。

なぜなら、カードローンやキャッシングを提供する金融機関は、保証会社を利用しているからです。

カードローンを契約する際は、保証会社の保証を受けることが必須条件となっています。


保証人・連帯保証人が必要になるのは、一部の目的ローン(自動車ローンなど)や未成年(奨学金・大学生協ローン)、事業者(日本政策金融公庫)がお金を借りる場合に限られます。

また、賃貸契約をする場合にも連帯保証人が必要になる場合があります。


多目的ローン目的ローン
資金使途が限定されていない自由なローン。フリーローンとも呼ばれる。住宅ローンや教育ローンなど、目的が限定されているローン。目的別ローンとも呼ばれる。
カードローン、フリーローンなど住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、リフォームローンなど

保証人と連帯保証人は、名前が似ているため、「大きな違いはないのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、保証人と連帯保証人では大きな違いがあることを理解しておく必要があります。


このページでは、保証人・連帯保証人の違いや注意点について説明をしています。


続きを読む»

奨学金が返済できない時に債務整理はできるのか?

2018年7月7日 / 債務整理

奨学金 が返済できない時に債務整理はできるのか?

奨学金について

奨学金 とは、大学・短期大学・専修学校、専門学校などに進学する学生に対して、学費や生活費などの用途に使用される金銭を「給付」もしくは「貸与」するための制度です。

教育の機会均等に寄与するために、学資の貸与及び支給その他学生等の修学の援助を目的として行われています。

大学生の半数以上が奨学金を借りていると言われています。


奨学金を利用するということは、社会に出た時点で数百万円の借金を背負うことを意味します。

実質的には学士ローンに相当するため、返済不能に陥るケースも報告されています。


続きを読む»

クレジットカードのキャッシングで返済に困った時の対処法

2018年6月10日 / 債務整理

クレジットカードのキャッシングで返済に困った時の対処法

キャッシングについて

キャッシング とは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用して、利用可能枠の範囲内でATMやCD(キャッシュディスペンサー)でお金を借り入れる行為のことを指します。

キャッシングは、手持ちがない時でも保証人・担保不要で簡単に現金を引き出すことが出来る便利なサービスですが、もちろん自分の預貯金を下ろすわけではありません。


「お金を借りる = 借金をする」ということであるため、返済時には元金だけでなく利息(金利手数料)をつけて返す必要があります。

キャッシングの金利は、カード会社やクレジットカードの種類によって異なりますが、一般的には年18.0%程度です。

つまり、キャッシングを利用した場合は、必ず借り入れをしたお金よりも多めに返済する必要があります。


また、返済期日に支払いが出来ない場合は、金銭消費貸借契約に従って遅延損害金(年20.0%)が発生することになります。


そのため、返済計画に失敗し、スムーズな返済ができなくなるとトータルの借金が大きくなります。


かつては、キャッシングで返済が滞ると、厳しい取り立てや多重債務状態になり債務超過に陥るなど、深刻な社会問題として認識されていました。

現在では、2010年に改正された貸金業法という法律により、行き過ぎた取り立て行為は禁止されています。


続きを読む»

借金と債務の違い

2018年5月11日 / 未分類

借金と債務の違い

借金と債務について

普段の生活では、お金の貸し借りのことを借金と言いますが、弁護士・司法書士に手続を依頼する場合は債務と言い、同じ内容であっても呼び方が異なります。

債務という呼び方は、日常生活で使用する頻度が低いため、あまり馴染みがないかもしれません。


このページでは、それぞれの言葉の意味と違いについて、分りやすく説明していきます。


続きを読む»

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て・嫌がらせは相談解決!

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る