債務整理費用の分割払い・後払いについて

債務整理費用 分割払い 後払い


債務整理を考えている人にとっては、弁護士・司法書士費用を一括で支払うということは非常に経済的な負担になることが予想されます。

金銭的に余裕がないという方の多くが、出来ることなら債務整理の費用を抑えたいと考えているのではないでしょうか?

任意整理や過払い金請求などの手続きには、専門的な知識と時間、さらに多大な労力を要します。


そのため、債務整理を行う場合は、法律の専門家である弁護士や司法書士(認定司法書士)に相談・依頼するのが一般的です。

当然、任意整理や自己破産などの手続きを弁護士・司法書士に依頼すると手続き費用(着手金)が発生します。




多くの弁護士・司法書士事務所では、このような依頼者の経済的な困窮を配慮して、費用の分割払いや後払いに対応しています。

多くの場合、任意整理や個人再生であれば、債権者に残債を全て返済し終えてから手続き費用を弁護士・司法書士事務所へ支払うことになります。

自己破産の場合は、免責許可が下りた後に、分割で弁護士事務所に支払うことになります。


着手金は、依頼時に一括で支払う必要があります。

しかし、成功報酬などに関しては、債務整理手続きが終わらなければ正確な金額が分からないため、後払いの形態を取るのが一般的です。


※債務整理費用の支払いは、事務所ごとに異なるため、相談時に確認しておくことをおすすめします。

※中には支払い期限や利息を設けている事務所もあるので、しっかりと料金体系を確認しておきましょう。

※弁護士・司法書士事務所の中には、全額一括払いでしか受け付けないという所も存在します。


費用の分割払い・後払いに対応している弁護士・司法書士事務所


法テラスを利用する場合

法テラスを利用する場合は、債務整理費用を依頼者本人に代わって立て替えてくれます。


つまり、債務整理を依頼する弁護士・司法書士事務所に対して、その費用を法テラスが支払います。

そして、依頼者は、後日法テラスに分割で支払うことになります。

法テラスに返済する金額は、月々1万円程度が一般的です。


この法テラスの立替金制度は、相互扶助の観点から、利用者が返済する償還金が財源となっています。

つまり、この償還金が将来の立替金となるため、毎月滞りなく支払いを行う必要があります。


法テラスの利用には、条件があります。また、審査が通るまで期間を要することや、法テラスに紹介してもらう場合は弁護士・司法書士を選べないのデメリットがあります。

そのため、債務整理案件をあまり手掛けていない(経験の浅い)専門家にあたる場合があることを考慮に入れておく必要があります。

法テラスの民事法律扶助制度は、非常に有益な制度ですが、利用に際してはメリット・デメリットをよく把握しておく必要があると言えます。



過払い請求・債務整理なら
アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

【過払い請求には時効があります!】
完済後の過払いについても無料で調べてくれます。
全国対応、無料相談24時間受付中!
お気軽にご相談ください。
取立てがストップ
「貸金業法」という法律に基づき、受任後は金融業者からの取り立てがストップします。取り立てにお困りの方もご安心ください。

初期費用無し、減額報酬なし
初期費用や減額報酬などの費用が別途かかる事務所もありますが、アヴァンスなら必要ありません。明確な料金設定なので安心してご依頼いただけます。
※依頼内容により初期費用がかかる場合あり

お得な費用設定
取引件数が多い方・少ない方双方に対応したお得な費用を設定しています。
過払い金報酬も一般的な事務所より安い料金設定が魅力です。

全国対応・無料相談
借金に関するご相談は何度でも無料です。アヴァンスはお客様の将来のプランをお伺いし、最善で安心な解決方法を提案してくれます。

タグ:

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て無料相談所

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る