カテゴリー「債務整理」の記事


ビットコイン・仮想通貨の借金は債務整理(自己破産)できるの?

2018年2月12日 / 債務整理, 自己破産

ビットコイン・仮想通貨の借金は債務整理(自己破産)できるの?

ビットコン・仮想通貨による借金

2017年は、仮想通貨元年と呼ばれていたこともあり、世間的にも認知度や注目度が大きく高まりを見せた年でした。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、本来の目的である決済手段としてではなく、ギャンブル性の高い投機的な取引の対象となっています。


しかし、今年に入って、様々な要因により取引価格が急激に下がる場面も見られるなど、取り巻く情勢は刻々と様変わりしています。

激しく乱高下する取引価格により、大きく損をする人が急増している現状を鑑み、利用者保護の観点から、国際的に規制を強化する流れも強まっています。


仮想通貨取引に過熱するあまり、不幸な事態に陥る人も少なくないようです。

このページでは、ビットコイン・仮想通貨取引が原因で借金を背負ってしまった人に向けて解決策を紹介していきます。


続きを読む»

タグ:

債務整理(任意整理)は2回目でも可能?

2018年1月23日 / 任意整理, 債務整理

債務整理(任意整理)は2回目でも可能?

2回目の任意整理

債務整理とは、借金を整理する行為の総称です。狭義の意味では、裁判手続を行うことなく、業者との交渉で債務を減らすことが出来る「任意整理」のことを指す場合もあるようです。

ただし、本来は任意整理だけでなく、自己破産や個人再生などの手続きも債務整理に含まれます。


債務整理(任意整理)を経験した後で再び借金を重ねてしまい、もう一度借金を整理したいという人は意外と多いようです。

このページでは、もう一度、任意整理をして借金の減額を検討している方に向けて説明をしていきます。


続きを読む»

タグ:

債務整理をするとスマホの分割購入や契約時に影響が出るの?

2017年12月13日 / 債務整理

債務整理をするとスマホの分割購入や契約時に影響が出るの?

債務整理後の信用情報

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生など)を行うと、JICCやCICなどの信用情報機関にその事実が登録されます。


この信用情報機関にネガティブ情報が登録されることを、一般にブラックリストに載る金融ブラックになるなどと言います。

しかし、実際にはブラックリストや事故情報というものは存在しません。


各信用情報機関は、あくまでもクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的な取引事実を収集・管理・提供しています。


【関連ぺージ】 ブラックリストとは


クレジットやローンなどの利用情報や事故情報は、未来永劫に渡って登録されるわけではありません。一定期間が経過すると抹消されます。

信用情報の登録期間は、信用情報機関と種類によって変わります。

ここでは、各信用情報機関が管理する信用情報の登録期間について簡単に触れておきます。

続きを読む»

任意整理を依頼する際の委任状とは

2017年11月12日 / 任意整理, 債務整理

任意整理を依頼する際の 委任状 とは

任意整理における委任状とは

委任状 とは、ある特定の人に一定の事項を委任することを証明する書面のことを言います。

債務整理における委任は、一方(委任者)が相手方(受任者)に対して法的権限を付与することを意味します。


債務整理には、裁判所に申し立てをする必要がなく、手軽に行うことが出来る「任意整理」という手続があります。


任意整理は、弁護士・司法書士に依頼するケースが一般的ですが、比較的簡単に行える借金圧縮方法として人気を集めています。

任意整理は自己破産とは違い、完全に債務が消滅するわけではありません。あくまでも、計画的に返済をすることを目的としています。

具体的には、将来利息や遅延損害金のカット(免除)を行うことで、今後の返済の減額が期待できます。


【関連ぺージ】 任意整理とは


任意整理手続を弁護士・司法書士に依頼する場合は、委任状が必要になります。


続きを読む»

リボ払いの借金と債務整理

2017年10月8日 / 任意整理, 債務整理

リボ払い の借金と債務整理

リボ払いについて

リボ払い とは、カードローンやクレジットカードの返済方法の一方式です。正式名称は「リボルビング払い」。

商品購入金額や利用件数にかかわらず、毎月指定する支払い元金と利息を約定返済日に支払うことになります。

つまり、分割払いとは異なり、毎月の返済額がほぼ一定になるという特徴があります。

買物や借入れなどによる債務の額(支払残高)に応じて、毎月の支払額(元本返済額と手数料額の合計)があらかじめ決められています。


現在、カードローンやクレジットカードのリボ払いが原因で、返済不能に陥る方が増えています。


「返したいけど返せない。」「返済の目処が立たない。」など、リボ払いでの返済に困っている方は任意整理という方法があります。

任意整理は、借金の減額を貸金業者やカード会社と交渉することで、返済を容易にすることが出来る手続きです。


このページでは、リボ払いの危険性と借金の軽減方法を紹介しています。


続きを読む»

銀行カードローンによる破産者増加の背景

2017年9月11日 / 債務整理, 自己破産

銀行カードローン 自己 破産

銀行カードローンと自己破産

現在、銀行カードローンの借入残高(貸付金)は増加傾向にあります。それに比例する形で、自己破産手続を選択する債務者の数が13年ぶりに増加しています。


【関連ぺージ】 自己破産とは


日銀が発表する統計によれば、銀行カードローンの貸付残高は2017年6月末時点で5兆6793億円となり、1998年以来19年ぶりの高水準となったことが判明しました。

このような状況を受け、金融庁は、銀行カードローンの規制強化を視野に入れることを検討していると言われています。


このページでは、銀行カードローンの現状を追うことで、破産者増加の原因を明らかにしていこうと思います。


続きを読む»

タグ:

任意整理の必要書類

2016年11月15日 / 任意整理, 債務整理

任意整理 必要書類


相談時に用意しておく書類・資料

任意整理手続きは、個人再生や自己破産などといった他の債務整理手続きに比べて、複数の必要書類を作成したり、資料を用意したりする手間は大幅に少なくなります。

このページでは、弁護士や司法書士に任意整理を相談する際、また、手続きをする際に必要な書類や資料についてまとめています。


続きを読む»

タグ: ,

自己破産後の資格制限・職業規制一覧

2016年10月9日 / 債務整理, 自己破産

自己破産 資格制限

自己破産後の資格制限・職業規制

自己破産手続きを開始した申立人には、公法上と民法上の資格制限があります。

つまり、一定の職業に就くことが出来なくなるのです。

また、ある一定の資格を得ることも出来なくなってしまいます。一定の資格とは、取締役後見人のことを指します。

ただし、資格制限・職業規制は、あくまでも一時的なものです。制限が解除された後は、再び職業に就くこともできます。

具体的には、破産手続開始決定から免責事由の決定を得るまでの間の資格制限です。

そのため、自己破産手続きが終われば就業規制・資格制限は無くなります。


もし、あなたが自己破産を検討している場合は、現在の仕事が資格制限・商業規制に該当するかどうか確認しておくようにしましょう。

続きを読む»

タグ:

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て・嫌がらせは相談解決!

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る