カテゴリー「過払い請求」の記事


過払い金返還請求の手順・流れ

2016年6月24日 / 債務整理, 過払い請求

過払い金請求 手順 流れ

グレーゾーン金利を設定して営業をする貸金業者(消費者金融・クレジット会社)から長期間、借入と返済を繰り返している方は、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金の返還請求をすることで、払い過ぎた利息の返金を受けることができます。


取り引き期間が7~8年以上があれば、過払い金が発生しているケースが多いようです。10年以上取引きしている方の場合になると、多い方で100万円以上返って来たという事例があるようです。

利息制限法が定める利率20%以上で借りていた方や、完済から10年以内の方は過払い金が発生しているかもしれません。


① 借入日を確認する

過払い金返還請求をするためには、最初の借入日から最後の返済日までの取引きを確認する必要があります。

いつ・どのくらいの金額を返済したのかを把握していないと利息制限法による引き直し計算が出来ないため、借入・返済の経過がわかる利用履歴や支払明細などの書類を探しておくことをおすすめします。


ご自身でも返還請求をすることが出来ますが、弁護士・司法書士などの専門家に依頼することで過払い金返還の確実性が上がります。

過払い金返還請求についてよく分からないという方は、多くの事務所で無料相談を受け付けているので、相談してみることをおすすめします。



② 取引履歴の開示を請求する

過払い金が発生しているかどうかは、全ての取引の経過を把握し、引き直し計算をして調べることが必要になります。

そのため、貸金業者に対して取引履歴の開示を請求することになります。

取引履歴とは、過去に借入返済を行った日付や金額が記入されている一覧表です。


ただし、借入れと返済の事実を示す契約書や取引明細が全て手元にあれば、取引履歴を取り寄せる必要はありません。


弁護士・司法書士に依頼した場合は、委任契約を交わした当日中に貸金業者に対して取引履歴の開示を請求します。

任意整理として依頼した場合は、受任通知と共に取引履歴の開示を請求することになります。


続きを読む»

タグ: ,

過払い請求とは

2016年6月3日 / 債務整理, 過払い請求

過払い請求

過払い金とは

過払い金 とは、消費者金融、クレジット会社などが取り過ぎていた金利(改正前の出資法では29.2%)のことで、請求をすることで返してもらうことが出来る「払い過ぎたお金・利息」のことを言います。

お金を貸出すときの金利は利息制限法という法律で定められていますが、実は出資法という金利を定めるもう一つの法律が存在します。

現在では、利息制限法と出資法の上限金利は同じ利率となっていますが、以前は、出資法の定める上限利率(~年利29.2%)と利息制限法が定める上限利率(~年利20%)に差がありました。この金利差のことをグレーゾーン金利と言います。


グレーゾーン金利

多くの貸金業者は、利息制限法で定められた上限利率よりも、高い利率で貸付を行う出資法により、不当利得(法律上の根拠を欠くお金の受け取り)を得ていました。

貸金業者が、不当に得ていたこの貸付金のことを過払い金と呼びます。

平成18年12月に成立し、平成22年6月18日に完全施行された改正貸金業法により、出資法の上限利率は利息制限法と同じ年利20%に引き下げられることになりました。

そのため、現在ではグレーゾーン金利は完全撤廃されています。


続きを読む»

タグ:

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て無料相談所

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る