カテゴリー「消滅時効援用」の記事


消滅時効の援用とは

2016年12月5日 / 消滅時効援用

消滅時効の援用


最後に借金を返済してから、5年以上が経過している場合は、消滅時効によって返済義務がなくなる場合があります。

消滅時効とは、法律で定められた一定期間に、債権者が債務者に対して請求などを行わなわなかった場合、債権者の権利を消滅させる制度のことを言います。


時効の援用について


民法第145条(時効援用)

時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判することが出来ない。


時効の援用とは、時効の権利を受ける者が、消滅時効制度を利用して、債権者に対して時効の利益を受けることを伝える行為を言います。

つまり、消滅時効の援用をして事項が成立すると、借金の返済を免れることが出来るのです。


続きを読む»

タグ:

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て無料相談所

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る