任意整理で借金の遅延損害金をカット

任意整理で借金の遅延損害金をカット

遅延損害金とは

遅延損害金 (遅延利息・延滞利息)とは、借金の返済を遅延した場合に生じるお金のことを言います。

一般的には、債務不履行(履行遅滞)に対して、債権者に損害賠償として支払わなければならない迷惑料(損害賠償金)であると考えられています。

そのため、きちんと遅延損害金を支払ったとしても、元本や利息負担が軽減されるわけではありません。


遅延損害金の対象となる期間は、延滞が発生した支払期日の翌日から支払いが完了するまでです。


このページでは、カードローンやクレジットカードのキャッシングを延滞した場合に発生する遅延損害金の詳細とこれをカット(免除)する方法について説明をしています。




民法上の遅延損害金

遅延損害金は、消費者契約や金銭消費貸借契約だけでなく、公共料金や賃金、慰謝料、養育費などの金銭債務に対しても発生します。

ただし、金銭貸借以外のものに対しては、延滞金や延滞料と呼ぶばれる場合が一般的です。


遅延損害金について、契約上の定めがある場合は、約定利率が適用されます。(民法419条1項)


約定利率とは

当事者間の契約によって定められる利率のこと。

ただし、どのような利率を定めてもよいわけではなく利息制限法の制限を受ける。


特に定めのない場合いは、約定利率ではなく法定利率が適用されます。


法定利率とは

法律(民法)によって定められている利率のこと。

契約締結時に当事者間で具体的な金利(約定利率)を定めなかった場合は、利息制限法の制限を受ける。


現在(2019/2)の法定利率は年5.0%(民法404条)、消費者と商法上の商人との契約の場合は年6.0%(商法514条)が適用されます。


法定利率は、民法改正(施行日:2020年4月1日)に伴い、年5.0%から年3.0%に引き下げられます。

また、商法では法定利率を年6.0%と規定していましたが、民法改正を機に廃止され、年3.0%に統一される予定です。



契約の内容によっては民法以外の法律による制限を受けることになります。

消費者契約一般には消費者契約法が、金銭消費貸借契約については利息制限法という特例法が適用されます。


消費者契約法の遅延損害金

消費者契約法とは、消費者と事業者の間で締結される契約を指します。

同法は、消費者を事業者によるの不当な契約から守るため、2001年4月1日に施行されました。


消費者契約法における遅延損害金の上限金利は、年14.6%と定められています。

また、これを超える部分に関しては、原則、無効とされています。(消費者契約法9条2号)


金銭消費貸借契約の遅延損害金

金銭消費貸借契約の遅延損害金の利率は、利息制限法という法律によって規定されます。


利息制限法とは

貸金業者との金銭消費貸借契約における利息や遅延損害金の利率を一定限度に制限することを定めた法律。

利息制限法が定める上限金利を超える部分での貸付は、原則、無効とされている。


利息制限法(第4条)では、金銭消費貸借契約における遅延損害金の上限金利を年20.0%までと制限しています。


利息制限法の上限金利は、下図のように元本額に応じて変動します。


利息制限法とグレーゾーン

遅延損害金の計算式

カードローン・キャッシングでは、遅延損害金年率20.0%を日数に応じて支払うことになります。


また、クレジットカードの支払いを延滞した場合も遅延損害金が発生します。

ショッピング利用時の遅延損害金の金利は、カードの種類やカード会社によって異なりますが、一般的には年14.6%です。


これを踏まえた上で、遅延損害金の計算式を見て行きましょう。


計算式

遅延損害金 = 借入残高 × 遅延損害金率 ÷ 365日(うるう年は366日) × 期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数


例えば、カードローンで借入残高300,000円、遅延損害金率20.0%、期限の利益の喪失日の翌日から10日経過している場合の遅延損害金は、以下の通りです。


300,000円 × 0.20(%) ÷ 365(日) × 10(日) = 1643.8円


このように、遅延損害金は借入残高(元本)が高額で、遅延期間が長いほど多額の支払いを求められます。

つまり、返済が遅れれば遅れるほど、余計に遅延損害金を支払わなければなりません。


遅延損害金の支払い義務

債務者は、支払いが遅れたことの損害賠償として、債権者に対して遅延損害金を支払う必要があります。


貸金業者のカードローンやクレジット会社のキャッシングは、貸金業法により金銭消費貸借契約に基づく書面の交付が義務づけられています。

そして、金銭消費貸借契約には、遅延損害金に関する内容が含まれています。


もし仮に遅延損害金の取り決めがなかった場合でも、債務不履行があった場合は、債務者は民法上の損害賠償責任を負うことになります。

つまり、どのようなケースであっても遅延損害金を支払わなくてよいというわけではありません。


支払い遅延などの債務不履行が起こった場合、債権者は契約内容に従い債務者に対して債務履行の督促や契約解除、損害賠償を請求します。


任意整理でカットできる?

任意整理とは、貸金業者と利息のカット(免除)を前提に、裁判所を通さず直接交渉をすることを指します。


【関連ぺージ】 任意整理とは


任意整理手続きにより、債権者(貸金業者)と合意に達することが出来れば、経過利息や将来利息の支払いが減額もしくは免除されされます。

任意整理によって免除されるのは、利息だけでなく遅延損害金も対象となります。


債務の圧縮を行えば、返済負担が大きく軽減されるため、月々の支払いが楽になり完済の目処が立ちます。


その後の残債は、原則、3年(もしくは5年)をかけて分割で支払っていくことになります。


任意整理は、個人でも行うことができますが、弁護士や司法書士に依頼して代行してもらう方法が一般的です。


任意整理のメリット

弁護士・司法書士が介入すれば、債権者に対して受任通知書が送付されます。

この受任通知が業者に届いた時点で、これまで届いていた督促状はストップします。


専門家に依頼すれば全ての手続きを代行してもらえるため、依頼者が手間や時間をかける必要はなくなります。


また、自己破産や個人再生などとは異なり、裁判所に出向く必要がないため、第三者に知られるリスクもありません。


そして、任意整理の最大のメリットと言えるのが、利息制限法での引き直し計算による大幅減額です。

ただし、この条件が適用されるのは、2010年6月に完全施行された改正貸金業法前にグレーゾーン金利で借り入れをしていた人に限られます。


グレーゾーン金利

かつての出資法の上限金利である年29.2%と、利息制限法が定める上限金利(年15.0%~年20.0%)の金利差を指す。

原則、利息制限法の上限金利を超える部分での貸付は無効であるため、利息を払い過ぎている場合は返還請求することができる。


現在では、出資法と利息制限法の上限金利は、年20.0%に統一されているため、払い過ぎによる返還請求(過払い金返還請求)は期待できません。


「いつ借りたかのかよく覚えていない」という方は、一度、無料相談を利用して確認してみることをおすすめします。



【関連ぺージ】 過払い請求とは


しかし、任意整理にはデメリットも存在します。


任意整理のデメリット

任意整理を行った事実は、いわゆる金融事故に該当するため、信用情報機関(JICCやCICなど)に登録されます。

一般的には、このことを指して「ブラックリストに載る」と表現されています。



任意整理の情報は、通常、5年間登録されます。

つまり、最低5年間は、クレジットカードの使用や新たなローン契約は出来なくなります。


また、任意整理は、現在の借金が全て免除されるわけではないので、合意後も返済を続ける必要があります。

そのため、借金残高が高額な場合には不向きな手続きだと言えます。


任意整理は、基本的には自己破産などに比べてデメリットは大きくないため、手軽に行うことが出来る債務整理です。




過払い請求・債務整理なら
アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

【過払い請求には時効があります!】
完済後の過払いについても無料で調べてくれます。
全国対応、無料相談24時間受付中!
お気軽にご相談ください。
取立てがストップ
「貸金業法」という法律に基づき、受任後は金融業者からの取り立てがストップします。取り立てにお困りの方もご安心ください。

初期費用無し、減額報酬なし
初期費用や減額報酬などの費用が別途かかる事務所もありますが、アヴァンスなら必要ありません。明確な料金設定なので安心してご依頼いただけます。
※依頼内容により初期費用がかかる場合あり

お得な費用設定
取引件数が多い方・少ない方双方に対応したお得な費用を設定しています。
過払い金報酬も一般的な事務所より安い料金設定が魅力です。

全国対応・無料相談
借金に関するご相談は何度でも無料です。アヴァンスはお客様の将来のプランをお伺いし、最善で安心な解決方法を提案してくれます。

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て・嫌がらせは相談解決!

Facebook


Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る