債務整理で借金解決

債務整理とは

債務整理を行えば、あなたの借金が減額される、もしくは返済不要になるかもしれません。あなたに合った債務整理方法を選択して借金の悩みを取り除きましょう!


債務整理には、任意整理自己破産個人再生特定調停などの手続きがあります。

現在の借金の負担から解放されるためには、ご自身の債務状況や収入面、返済スケジュールなどから、最適な債務整理方法を探すことが必要になります。


『債務整理で借金解決』では、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生、特定調停)の仕方やメリット・デメリット、弁護士、司法書士の評判・費用などについて紹介しています。


債務整理手続きの比較

4つの債務整理手続き(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)の借金の減額度合いや、手続きにかかる期間、周囲に知られるリスクなどの多くの方が知りたいであろう情報を簡易的に比較紹介しています。

各債務整理手続きの概略を知ることで、ご自分に合った方法を選びましょう。


任意整理特定調停個人再生自己破産
借金の減額度△~○
将来利息がカットされることで、月々の返済額が減額される。
×~○
将来利息がカットされることで、月々の返済額が減額される。交渉に失敗する場合もある。

借金額を大幅に圧縮できる。

借金がゼロになる。
手続き期間の短さ◎~△
1~6ヶ月

3~4ヶ月

3~6ヶ月
×
6ヶ月~1年以上
必要書類の量
身分証明書や取引明細、住民票など。書類は最小限で大丈夫。
×
全て自分で用意する必要がある。

多少の書類を用意する必要がある。

多少の書類を用意する必要がある。
家を手放す必要
不要

不要

住宅ローン特則を使えば手放さずに済む。
×
手放す必要がある。
財産を手放す必要
不要

不要

ローン支払い中の財産は手放す必要がある。
×
一定の財産を手放す必要あり。現金99万円以下、預貯金20万円まで所持が認められる。
保証人への影響度×~◎
保証人のついていない借金のみを選択して、整理することが出来る。
×~◎
保証人のついていない借金のみを選択して、整理することが出来る。
×
保証人が払う必要がある。
×
保証人が払う必要がある。
勤務先に知られる可能性
知られることはない。

基本的に知られることはない。ただし、平日に裁判所に行句必要があるため、怪しまれる可能性がある。

基本的に知られることはない。ただし、必要書類の入手の際に怪しまれる可能性がある。

基本的にバレることはない。ただし、必要書類の入手の際に怪しまれる可能性がある。
家族に知られる可能性
可能。ほとんどの事務所が書類送付など内密に対応してくれる。
×
平日に裁判所に行く必要があり、裁判所から書類が自宅に届くので高い確率で怪しまれる。
×~△
基本的には難しい。財産の処分など家族の協力が必要なため。
×
家や自動車、その他の財産を処分しなければいけないため、知られずに行うことは不可能。
詳細任意整理
詳細を見る
特定調停
詳細を見る
個人再生
詳細を見る
自己破産
詳細を見る

多重債務問題

多重債務とは、複数の消費者金融やクレジットカード会社、金融機関などから借り入れを行うことを言います。

既に抱えている借金返済のために別の業者からさらに借り入れ、借金が雪だるま式に増え続ける状態は多重債務に陥っている状態であると言えます。


一般的に、多重債務者は、貸金業者からの借入れが5社以上の利用者のことを指します。


(株)日本信用情報機構のデータによれば、2013年の多重債務者の数は約27万人だったと言われています。

また、その年の消費者金融利用者数は約1,279万人であったため、消費者金融利用者全体で多重債務者の割合は約0.02%でした。

全体の割合で見ると、決して多くはないと思うかもしれませんが、決して見過ごすことが出来ない数字であることもまた事実です。


消費者金融などから借りては返すという生活を続けることは、高額な金利を支払い続けることを意味します。

このような状況から抜け出すためにも、法的手段である債務整理を行うことをおすすめします。

多重債務を解決するためにも、債務整理の方法を正しく理解して、一日も早く生活再建を目指しましょう!


ただし、ご自分の力だけでは難しい場合があるため、司法書士や弁護士といった専門家に相談することが最善の解決方法であると言えます。

ほとんどの弁護士・司法書士事務所は相談無料なので、安心して相談することが出来ます。


借金問題は長くこじらせる前に早めに手を打つことが大切です。迅速に行動することで返済金額も少なくなり、解決も容易になります。


過払い請求・債務整理なら
アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

【過払い請求には時効があります!】
完済後の過払いについても無料で調べてくれます。
全国対応、無料相談24時間受付中!
お気軽にご相談ください。
取立てがストップ
「貸金業法」という法律に基づき、受任後は金融業者からの取り立てがストップします。取り立てにお困りの方もご安心ください。

初期費用無し、減額報酬なし
初期費用や減額報酬などの費用が別途かかる事務所もありますが、アヴァンスなら必要ありません。明確な料金設定なので安心してご依頼いただけます。
※依頼内容により初期費用がかかる場合あり

お得な費用設定
取引件数が多い方・少ない方双方に対応したお得な費用を設定しています。
過払い金報酬も一般的な事務所より安い料金設定が魅力です。

全国対応・無料相談
借金に関するご相談は何度でも無料です。アヴァンスはお客様の将来のプランをお伺いし、最善で安心な解決方法を提案してくれます。

エストリーガルオフィス

2018年3月11日 / 司法書士事務所

エストリーガルオフィス

エストリーガルオフィスの特徴

エストリーガルオフィスは、任意整理・過払金返還請求業者との交渉・和解締結、書類作成代行、簡易裁判所での訴訟代理、違法業者(闇金)対応などを専門に行う司法書士事務所です。

市民に身近「街の法律家」として、2014年2月に大阪で開業しました。

相談者に「安心」を与えること、依頼者の「利益」を守ることを第一に考えてくれるので、安心して相談できる司法書士として広く定評を得ています。


このページでは、エストリーガルオフィスが選ばれる理由や評判について言及しています。


続きを読む»

タグ:

ビットコイン・仮想通貨の借金は債務整理(自己破産)できるの?

2018年2月12日 / 債務整理, 自己破産

ビットコイン・仮想通貨の借金は債務整理(自己破産)できるの?

ビットコン・仮想通貨による借金

2017年は、仮想通貨元年と呼ばれていたこともあり、世間的にも認知度や注目度が大きく高まりを見せた年でした。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、本来の目的である決済手段としてではなく、ギャンブル性の高い投機的な取引の対象となっています。


しかし、今年に入って、様々な要因により取引価格が急激に下がる場面も見られるなど、取り巻く情勢は刻々と様変わりしています。

激しく乱高下する取引価格により、大きく損をする人が急増している現状を鑑み、利用者保護の観点から、国際的に規制を強化する流れも強まっています。


仮想通貨取引に過熱するあまり、不幸な事態に陥る人も少なくないようです。

このページでは、ビットコイン・仮想通貨取引が原因で借金を背負ってしまった人に向けて解決策を紹介していきます。


続きを読む»

タグ:

債務整理(任意整理)は2回目でも可能?

2018年1月23日 / 任意整理, 債務整理

債務整理(任意整理)は2回目でも可能?

2回目の任意整理

債務整理とは、借金を整理する行為の総称です。狭義の意味では、裁判手続を行うことなく、業者との交渉で債務を減らすことが出来る「任意整理」のことを指す場合もあるようです。

ただし、本来は任意整理だけでなく、自己破産や個人再生などの手続きも債務整理に含まれます。


債務整理(任意整理)を経験した後で再び借金を重ねてしまい、もう一度借金を整理したいという人は意外と多いようです。

このページでは、もう一度、任意整理をして借金の減額を検討している方に向けて説明をしていきます。


続きを読む»

タグ:

債務整理をするとスマホの分割購入や契約時に影響が出るの?

2017年12月13日 / 債務整理

債務整理をするとスマホの分割購入や契約時に影響が出るの?

債務整理後の信用情報

債務整理(任意整理・自己破産・個人再生など)を行うと、JICCやCICなどの信用情報機関にその事実が登録されます。


この信用情報機関にネガティブ情報が登録されることを、一般にブラックリストに載る金融ブラックになるなどと言います。

しかし、実際にはブラックリストや事故情報というものは存在しません。


各信用情報機関は、あくまでもクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的な取引事実を収集・管理・提供しています。


【関連ぺージ】 ブラックリストとは


クレジットやローンなどの利用情報や事故情報は、未来永劫に渡って登録されるわけではありません。一定期間が経過すると抹消されます。

信用情報の登録期間は、信用情報機関と種類によって変わります。

ここでは、各信用情報機関が管理する信用情報の登録期間について触れています。

続きを読む»

任意整理を依頼する際の委任状とは

2017年11月12日 / 任意整理, 債務整理

任意整理を依頼する際の 委任状 とは

任意整理における委任状とは

委任状 とは、ある特定の人に一定の事項を委任することを証明する書面のことを言います。

債務整理における委任は、一方(委任者)が相手方(受任者)に対して法的権限を付与することを意味します。


債務整理には、裁判所に申し立てをする必要がなく、比較的手軽に行うことが出来る「任意整理」という手続があります。


任意整理は、弁護士・司法書士に依頼するケースが一般的ですが、比較的簡単に行える借金圧縮方法として人気を集めています。

任意整理は自己破産とは違い、完全に債務が消滅するわけではありません。あくまでも、計画的に返済をすることを目的としています。

具体的には、将来利息や遅延損害金のカット(免除)を行うことで、今後の返済の減額が期待できます。


【関連ぺージ】 任意整理とは


任意整理手続を弁護士・司法書士に依頼する場合は、委任状が必要になります。


続きを読む»

リボ払いの借金と債務整理

2017年10月8日 / 任意整理, 債務整理

リボ払い の借金と債務整理

リボ払いについて

リボ払い とは、カードローンやクレジットカードの返済方法の一方式です。正式名称は「リボルビング払い」です。

商品購入金額や利用件数にかかわらず、毎月指定する支払い元金と利息を約定返済日に支払うことになります。

つまり、分割払いとは異なり、毎月の返済額がほぼ一定になるという特徴があります。

買物や借入れなどによる債務の額(支払残高)に応じて、毎月の支払額(元本返済額と手数料額の合計)があらかじめ決められています。


現在、カードローンやクレジットカードのリボ払いが原因で、返済不能に陥る方が増えています。


「返したいけど返せない。」「返済の目処が立たない。」など、リボ払いでの返済に困っている方は任意整理という方法があります。

任意整理は、借金の減額を貸金業者やカード会社と交渉することで、返済を容易にすることが出来る手続きです。


このページでは、リボ払いの危険性と借金の軽減方法を紹介しています。


続きを読む»

銀行カードローンによる破産者増加の背景

2017年9月11日 / 債務整理, 自己破産

銀行カードローン 自己 破産

銀行カードローンと自己破産

現在、銀行カードローンの借入残高(貸付金)は増加傾向にあります。それに比例する形で、自己破産手続を選択する債務者の数が13年ぶりに増加しています。


【関連ぺージ】 自己破産とは


日銀が発表する統計によれば、銀行カードローンの貸付残高は2017年6月末時点で5兆6793億円となり、1998年以来19年ぶりの高水準となったことが判明しました。

このような状況を受け、金融庁は、銀行カードローンの規制強化を視野に入れることを検討していると言われています。


このページでは、銀行カードローンの現状を追うことで、破産者増加の原因を明らかにしていこうと思います。


続きを読む»

タグ:

司法書士斉藤事務所

2017年8月5日 / 司法書士事務所

司法書士斉藤事務所

司法書士斉藤事務所の特徴

任意整理、個人再生、自己破産、過払い請求などの借金問題は「司法書士斉藤事務所」にお任せ下さい。

数多くの相談者から「相談しやすい」と高評価を得ている、経験豊富な司法書士が対応してくれます。

土日祝日対応無料の出張訪問相談も随時開催中!


続きを読む»

タグ:

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て・嫌がらせは相談解決!

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る