ヤミ金融について

債務整理について

ヤミ金融(闇金融)とは、出資法に違反したトサントゴといった法外な金利で貸付を行う者や、貸金業法で義務付けられている都道府県知事または財務局長による貸金業登録をしないで貸金業を営むような違法業者のことを言います。

ヤミ金融は、主に破産者や多重債務者のような正規の金融業者(消費者金融など)から借入れをすることが出来ない人をターゲットにしています。

勧誘方法は、ダイレクトメールや新聞・雑誌の広告などで、「低金利、無担保」「誰でも融資可能」などような、お金に困っている人には非常に魅力的な嘘の宣伝文句で集客します。

貸付金額は、5万円程度の小口である場合が多いようです。これは小口なのですぐに返済できるだろうという利用者の心理をついたものですが、違法な高金利のため、いつの間にか金利ばかりが膨らむことになります。そして、気づけば返済不能の状態に追い込まれます。

また、ヤミ金融への返済が遅れた場合、脅迫電話や恫喝などの苛酷な取立てを行います。その被害は本人だけでなく、家族や親戚、友人、知人、勤務先にまで及ぶ場合があります。


違法なヤミ金には返済不要

出資法の上限金利は、年利20%と定められています。この出資法が定める上限金利を超える金利帯での貸付けは、刑事罰の対象となります。

ヤミ金の貸付けは、不法原因給付(民法第708条)に該当します。

不法原因給付とは、公序良俗に反する不当な目的での貸付けは、その契約自体が無効であるという規定です。


ヤミ金融の貸付行為は違法です。そのため、高い金利だけでなく、元本であっても一切返済する必要はありません。


ヤミ金融は「悪意の受益者」なので、借りたお金を返済する必要はないという最高裁での判決が出ています。

しかし、それを利用して故意に踏み倒した場合には詐欺罪に問われる場合があるので、その辺りのことについては弁護士・司法書士などの専門家に相談することが望ましいと言えます。


ヤミ金融の悩みは専門家に相談して解決しましょう!


貸金業法により貸金業を営む者は、国(財務局)や都道府県への登録が義務付けられています。

そのため、ヤミ金融のような無登録で営業を行う行為は法律により禁止されており、刑事罰の対象となります。


また、正規の金融業者の登録番号や名称を勝手に騙り、営業を行っているヤミ金融も存在します。

少しでも怪しいと感じたら、金融庁や各財務局がヤミ金業者の情報を公表しているので、検索サービスや公表された情報を利用して事前に調べておくことをおすすめします。


ヤミ金問題は専門家に相談しましょう

弁護士・司法書士が事件に介入すると、多くの場合即日取り立ては止めさせることが可能です。また、相手側の所在地が判明していれば、返済したお金も取り戻せるかもしれません。

貸金業法の改正以降、総量規制により正規の金融業者からの借入れは難しくなりましたが、「ブラックでもOK!」「即日融資可能」などと言った甘い謳い文句に安易に乗らないよう注意しましょう。

ヤミ金融は、勧誘方法や貸付方法など、あの手この手で利用者を食い物にしようと企んでいます。そして、その手口も社会情勢や環境変化により、姿を変えて忍び寄ってきます。

ヤミ金融の取立てを止めるには、警察だけではなく、弁護士・司法書士といった法律の専門家に依頼しましょう。


ヤミ金融の悩みは専門家に相談して解決しましょう!



過払い請求・債務整理なら
アヴァンス法務事務所

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

【過払い請求には時効があります!】
完済後の過払いについても無料で調べてくれます。
全国対応、無料相談24時間受付中!
お気軽にご相談ください。
取立てがストップ
「貸金業法」という法律に基づき、受任後は金融業者からの取り立てがストップします。取り立てにお困りの方もご安心ください。

初期費用無し、減額報酬なし
初期費用や減額報酬などの費用が別途かかる事務所もありますが、アヴァンスなら必要ありません。明確な料金設定なので安心してご依頼いただけます。
※依頼内容により初期費用がかかる場合あり

お得な費用設定
取引件数が多い方・少ない方双方に対応したお得な費用を設定しています。
過払い金報酬も一般的な事務所より安い料金設定が魅力です。

全国対応・無料相談
借金に関するご相談は何度でも無料です。アヴァンスはお客様の将来のプランをお伺いし、最善で安心な解決方法を提案してくれます。
任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

弁護士・司法書士の選び方

債務整理を専門に行う弁護士事務所

PR

ヤミ金取り立て無料相談所

Facebook


Google+

Twitter

任意整理のことならアヴァンス法務事務所へ

TOPへ戻る