債務整理で借金解決

多重債務・借金問題でお困りの方へ、債務整理を行えば、あなたの借金が減額される、もしくは返済不要になるかもしれません。あなたに合った借金減額方法を選びましょう!

債務整理における弁護士と司法書士の違い

calendar

債務整理は、個人でも行うことが出来ますが、手続きが複雑で専門的知識が必要になるため、法律の専門家に依頼するのが一般的です。

弁護士と司法書士は、どちらも債務整理手続きの代理人になることが出来ます。

まずは、弁護士と司法書士の違いについて説明します。


弁護士

弁護士

弁護士とは、社会生活を送る全ての人の事件や紛争に対して、法律の専門家としての見地から、適切な予防方法や対処方法、解決策をアドバイスすることを生業とする職業です。

弁護士業務は、弁護士法72条により、原則として、弁護士以外の者が行ってはいけないことになっています。

弁護士は、あらゆる法律行為の代理、あらゆる種類の法律相談をすることが認められています。

そのため、弁護士は全ての債務整理問題を扱うことが出来ます。



司法書士

司法書士

原則、司法書士は、法律行為の代理や法律相談をすることは出来ません。

ただし、2003年の司法書士法改正により、法務大臣から認定を受けた「認定司法書士」は示談交渉権、簡易裁判所代理権が認められました。

この認定司法書士に限り、弁護士法72条の例外として法律行為の代理人や法律相談を受けることが出来ます。


しかし、認定司法書士が扱える事件の金額には制限があります。

訴訟、紛争の目的の価額が140万円を超えないものについてのみ受けることが出来ます。

借金の総額が140万円以下の任意整理、過払い金請求などをする場合には司法書士でも交渉が可能です。


これは、司法書士の訴訟代理権が簡易裁判所管轄の事件に限定されることがその理由です。

つまり、簡易裁判所が扱うことのできる事件(訴訟物の価額が140万円以下の事件)にのみ、司法書士の仕事の範囲も限定されることになるのです。


そのため、交渉が難航して法廷の場が簡易裁判所から地方裁判所に移ってしまうと代理業務を行うことが出来ません。

また、個人再生、自己破産における代理人の権限もありません。


弁護士、司法書士の費用について

一般的に、弁護士に比べて司法書士の方が報酬や費用は安くなる傾向があります。

そのため、あきらかに借金の総額が140万円を下回る場合は、司法書士に依頼することをおすすめします。

ただし、費用が安いからといって安易に司法書士に依頼するのは注意しましょう。

司法書士事務所の中には、実際には司法書士が扱える案件ではないと分かっていながら、仕事が欲しいために受てしまう事務所があるからです。

良心的な司法書士事務所であれば、自分たちでは扱うことが出来ないことをきちんと説明し、弁護士へ依頼するように提案してくれるはずです。


自己破産や個人再生などの債務整理を考えている場合や、確実に140万円を超える金額を請求する事件については、最初から弁護士に相談する方がよいでしょう。


着手金、報酬金、成功報酬などの費用をチェック

債務整理を専門家に依頼する際には、様々な費用が掛かります。

そのため、事前に依頼時の着手金、1件あたりの報酬金、解決時の減額報酬や成功報酬などの費用について調べておくことをおすすめします。


話しやすく相性のいい事務所を選ぶ

費用のほかにも、依頼する上で大事になるのは専門家との相性です。

弁護士、司法書士も人なので、当然、自分と相性が合う合わないとった問題が出てきます。


債務整理を専門に扱う弁護士・司法書士事務所は数多く存在しますが、出来れば複数の事務所に問い合わせをし、話しやすさや相談のしやすさなどの電話対応をチェックして、事務所選びのポイントにするようにしましょう。

ほとんどの事務所が無料相談に対応しています。まずはメールで問い合わせをしてみることをおすすめします。


債務整理の種類や借金の総額だけでなく、費用面や対応面を考慮した上で、自分に最適な弁護士、司法書士事務所を選ぶことをおすすめします。



folder 個人再生

個人再生の手続き・流れ
個人再生とは
more...

folder 弁護士事務所

東京ロータス法律事務所
more...

folder 特定調停

特定調停の手順・流れ
特定調停とは
more...