債務整理で借金解決

多重債務・借金問題でお困りの方へ、債務整理を行えば、あなたの借金が減額される、もしくは返済不要になるかもしれません。あなたに合った借金減額方法を選びましょう!

借金と債務の違い

calendar

借金と債務について

普段の生活では、お金の貸し借りのことを借金と言いますが、弁護士・司法書士に手続を依頼する場合は債務と言い、同じ内容であっても呼び方が異なります。

債務という呼び方は、日常生活で使用する頻度が低いため、あまり馴染みがないかもしれません。


このページでは、それぞれの言葉の意味と違いについて、分りやすく説明していきます。



借金とは

借金とは、お金を借りること、もしくは借りたお金のことを意味します。


個人間での金銭の貸し借りや貸金業者・金融機関が提供するカードローンやキャッシング、住宅ローン、マイカーローンなどの金融商品が代表的です。

一般的に、このようなお金の貸し借りのことを金銭消費貸借契約と言います。


債務とは

債務とは、特定の人に対して一定の行為をすることの法律上の義務のことを言います。

一定の行為とは、金銭を支払ったり物を渡したりするなど行為のことを指します。


借金は金銭のみを対象としますが、債務は金銭だけに限らず、物品も対象となります。

お金を借りた場合は、貸してもらった相手に対して返済義務が生じますが、この義務のことが債務です。


通常、お金の支払いに関する債務のことを金銭債務と言います。


基本的に、債務という言葉は、「債務整理」や「債務者」「債務不履行」などの法律用語として使用されます。


債務整理は、借金を整理することで減額もしくは免除する手続です。

債務者と言った場合は、借金をしている人という意味で用いられます。


債権とは

ちなみに、債権とは、特定の人(債務者)に対して一定の行為を請求しうる権利のことを言います。

つまり、人にお金を貸した場合は債権になります。


  • 債務者 … 特定の人(債権者)に対して、一定の給付をなすべき義務を負う人のこと。借主。
  • 債権者 … 特定の人(債務者)に対して、一定の給付を請求することができる権限を持つ人物のこと。貸主。

金銭消費貸借契約における債権者には、消費者金融やクレジット会社、銀行などが該当します。


また、借金や債務と同じ意味合いの言葉に負債があります。


負債とは

負債とは、企業が抱える借金のことを指します。

具体的には、企業間での金銭取引において他社に金銭を支払う義務のことです。


債務・債権は法律用語として使用されますが、負債という言葉は会計用語に分類されます。

貸借対照表では、資産と共に対置されますが、「資産の部」は左側であるのに対して「負債の部」は右側に記載されます。


まとめ

下表では、借金と債務の違いをまとめています。


借金お金を借りること。借りたお金のこと。
日常生活で使用される一般名詞。
債務特定の人に対して一定の行為又は給付をしなければならない法的義務のこと。
法律用語として使用される。

借金は、私達が日常生活で使用する一般名詞ですが、債務は、主に法律の分野で使用される専門用語です。


借金の対象はお金に限られますが、債務はお金に限らず物品や行為なども対象となります。

ただし、日常用語としては、債務は借金と同じ意味で使用されます。

民事紛争においては、やはり金銭貸借が争点になることが多いため、債務 = 借金というイメージが強いようです。



folder 個人再生

個人再生の手続き・流れ
個人再生とは
more...

folder 弁護士事務所

東京ロータス法律事務所
more...

folder 特定調停

特定調停の手順・流れ
特定調停とは
more...